志望企業の情報収集テクニック【情報が自動的に集まってしまう!技】

志望企業の情報収集テクニック【情報が自動的に集まってしまう!技】

ESや履歴書などを作成するとき、志望企業のことをより深く調べて、書けると好印象。

面接を受ける前にも志望企業について深く調べておくと、あなたならではの受け答えができるもの。

新聞で読んだ、その企業の話題を社員の方に話すと、とても驚かれ、インパクトを残せたと思います。
(金融・生損保会社 内定)

とはいっても、就活生は忙しいので、紙の新聞を落ち着いて読めないかもしれませんね。

朝日新聞の就活生向けサービスを利用すれば、スマホに志望企業の情報を届けてもらえるから、待ち時間や移動時間に効率よく情報収集。

面接前のチェックもサクサクできますよ。

ここが便利でした。

  • スマホで新聞紙面がそのまま読める
  • 気になる記事をボタンひとつでスクラップ
  • 過去記事検索で1年分の記事が検索し放題
  • MYキーワード登録で、志望企業の記事がスマホに届く

特によかったのが気になるキーワードを登録しておくと、そのキーワードを含む記事が自動的に集まる「MYキーワード」機能

受験する企業名だけでなく、面接で話せそうな話題もいくつか「MYキーワード」に登録。ある航空会社の面接で「サービス介助士」の記事について自分の意見を交えながら話をしたところ、「企業研究が本当に深くできていますね」と後日フィードバックが。
(航空会社 内定)

ESや面接で記事をもとに話をすると、「この子はちょっと違うな」と面接官に感じてもらえました!

新聞は幅広いジャンルの情報を生活者の視点で書いているので、着眼点のヒントが見つかりました!

「新聞を読んでいる」と言うと、面接官に好印象でした!



あとで読みたい、使いたい記事をタグ付きでスクラップして検索できるから、デジタルのスクラップブックを作れるも便利。

気になる情報をとりあえずスクラップしておいて、ES作成などのときに引き出して使えるんです。

内定をとった先輩の就活必勝法、リアルな就活体験談も読めます。

就活生向けの割引がある上、就活の初期から内定まで、ずっと役立って、ほんとに便利でした。

学生なら誰でも申し込みができて、早いうちから広い視野を養えるので、1、2年生にもいいですよ。

朝日新聞デジタル「就活割」、ESや面接などに役立つ機能をご紹介!

ノウハウカテゴリの最新記事